×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


拡大地図を表示

 大阪市営地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽丘駅で下車し谷町筋沿いを南へ300メートル程行き、星光学院を越えたあたりを右に曲がり、天神坂にでますと前方(西の方向)に緑の木々が見えます。そこが、少彦名神(スクナビコナノカミ)と菅原道眞公が御祭神の安居神社(安居天満宮)です。ここは真田幸村が戦死したところと言われています(一説にはここの200メートル先の田んぼ)。

2009年12月17日に新しく出来た銅像の画像はこちら→真田幸村の銅像

2002年4月2日撮影

安居神社 安居神社の南側の入口です。
安居神社 同じく南側の入口です。
安居神社 眞田幸村戦死跡之碑」です。
安居神社 境内です。
安居神社 いたるところに、この幟がありました。
安居神社 追加レポです。今回は六文銭でした。
さなだ松 安居神社のさなだ松(2代目)です。幸村はこの樹に寄りかかって休んでいたそうです。
安居神社 真田幸村戦死跡之碑の裏面です。戦死の日付が5月7日ではなく4月7日と刻まれておりました。
安居神社 安居神社を北側(天神坂側)から撮りました。まるでちょっとした古墳のようです。真田の抜穴の伝説はこの神社にもあります。
かんしずめの井 安居神社のかんしずめの井です。癇静めの井戸ということらしいです。今は枯れています。

 ここの御祭神は、少彦名神と菅原道眞公です。まず、こちらをお参りされることをお願いします。
track feed 眞田丸>>安居神社トラックフィード